高齢化と薄毛(禿げ)の関係が解明された?

お早うございます!

本日なにげなくYahooのTOPページを閲覧していたら気になる記事を発見!

禿げの方は絶対抑えておきたい情報です。

また髪が薄くてヤバそうな方にも必見の情報となっています。

また私の現在行ってる方法も良いのかも知れないと実感しました。

その内容を下記の感じになります。

毛穴の小器官が失われる事で年齢が増す事による脱毛のメカニズムを解明したそうです。

また脱毛を防ぐ為に必須物質も発見し注目を集めています。

その為に私が本日Yahooの関連ページを閲覧しようと思っても中々繋がりにくい状況で困ってしまいました。

この発見をしたのが東京医科歯科大と米ニューヨーク大などのチームに寄って解明されたそうです。

その内容は年をとると毛を生み出す幹細胞というのが老化して毛穴の小器官(毛包)が次第に無くなる事で禿げになる事が解ったそうです。

東京医科歯科大西村栄美教授

5日に米科学誌サイエンスで発表したとの事でした。

その内容は幹細胞の老化を防ぐには細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が絶対に必要である事を西村栄美教授などが発見したとの事でした。

薬の開発には5年から10年で完成されるとされ禿げや薄毛の方には朗報となっています。

いままでは、男性ホルモンの影響で毛包(もうほう)が縮小して男性型脱毛になると考えられていたが、高齢化で脱毛が進行する事が解った。また17型コラーゲンの分解を遅らせたり止める事ができれば禿げを防ぐ事が可能になどと書かれていました。

この記事を読んだ時に思ったのは、5年から10年は長いなーもっと早くできないのかな?

また薬じゃなくて何か別の方法で17型のコラーゲンを促進できれば良いのにと思いました。

禿げを防ぐには幹細胞や毛包が鍵との事ですね!

年齢と共にDNAの修復ができなくなる事が原因そして酵素がでる事で17型コラーゲンが分解されるそうです。

でもいま薄毛や禿げの方は、今どうしたいかが重要だと思います。

私が以前からサイトで掲載している薄毛対策の内容を考えると今後期待ができそうな感じがしています。

また今週中に禿げの状況を報告するので是非ご覧くださいね!

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ